『天空の蜂』――核・原子力、自衛隊……日本の2大テーマに挑む、エンタメ映画の可能性 | SYNODOS -シノドス-

原発事故発生。巨大ヘリ墜落まであと8時間。ベストセラー作家・東野圭吾が1995年に発表した小説『天空の蜂』が堤幸彦監督により映画化される。核・原子力そして自衛隊、戦後日本の2大テーマに、エンターテイメント作品はどう挑むのか。その可能性について、新刊『はじめての福島学』が話題の社会学者・開沼博と、『ふくし…