31歳からの数学修士

なぜ再び数学するのか