果たしてトランプは、 サンダースと教皇フランシスコの理念を「実践」する次期大統領たり得るか!? 11月14日(月)「モーニングCROSS」でYa’ssyが絵解きしました。

「政官業学報」の利権分配&既得権益ペンタゴン(五角形)から 大統領選挙戦中、蛇蝎の如く嫌われ続けたドナルド・ジョン・トランプ。 が、その彼はバラク・オバマと同じく「脱・世界の警察官」をアメリカは目指すべきと考え、無国籍企業が跳梁跋扈するグローバリズムという名の金融資本主義と対峙する姿勢を見せています…