死ぬとわかっていれば一生懸命生きる(はず)

死ぬとわかっていれば一生懸命生きる(はず) 僕はけっこう。。100%ではないにせよ、そのときそのときの人生を一生懸命(「精一杯」に近いぐらいに)、生きてきたという自負(自覚?)があります。100%ではないところが、僕らしいです。他のヒトたちは、その日その日を、おそらく30%ぐらいの力でしか泳いでいな…