パリの男女が長期休暇に「何もしない」理由 | ヨーロッパ

パリに降り立ったら、そこはヴァカンスでした。ヴァカンスといえば文学が馴染みます。わたくしだったら、若いときに読んだフランソワーズ・サガンの『悲しみよこんにちは』。微熱の気だるさとアンニュイな生理の重…