「AI」が書いた小説はどれだけ面白いのか | ブックス・レビュー

──400字ほどの短い文章でもハードルが高いというコンピュータに、どうやって文学賞応募を満たす短編小…