「近未来の管理社会」描く小説が人気のなぜ | AERA

個人の自由が制限された全体主義的な近未来の管理社会を描いた「ディストピア小説」。『1984年』などの古典作品から、2009年に夭折した作家・伊藤計劃の作品まで、今また注目されている。ディストピア小説の代表と…