46歳貧困男性が自己責任論を受け入れるワケ | ボクらは「貧困強制社会」を生きている

 「苦しまないで死ねる施設をつくってほしいです。たとえば、“何月何日に終わりにしたい”と連絡したら…