美術品オークションが息を吹き返したワケ | 週刊東洋経済(ビジネス)

東京・銀座7丁目にある国内最大手、シンワアートオークションの会場。「近代美術パート2」と題されたこの…