美術品オークションが息を吹き返したワケ | 週刊東洋経済(ビジネス)

「140万円、145万円、150万円、155万円、155万円。よろしいですか、155万円」ダークスーツに身を包んだオークショニア(競売人)がテンポよく価格を読み上げる。現代美術の人気作家である草間彌生の版画作品『黄色…