日経平均は、1万5000円を維持できるか | 市場観測

今年も残り2カ月半ほどになった。約2週間前の、前回のコラム「米株に不吉なヒンデンブルグ・オーメンの影」では、相場が暴落するかどうかはともかく、「警戒は怠らないように」と、東洋経済オンラインの読者の皆様…