『カラマーゾフの兄弟』が累計80万部突破! 大人の読書には続々登場の「新訳」を見逃すな!

2005年、『星の王子さま』の著作権保護期間が終了したことに伴って、複数の出版社からさまざまな翻訳者による新しい訳が登場し、“新訳ブーム”のさきがけとなった。また、村上春樹による名作の新訳も話題を呼び、各出版社が次々と新訳本を発売している。