ヴィッラ・アドリアーナ

ローマ帝国ハドリアヌス帝が118〜138年にかけて建てさせた広大な別荘跡。皇帝が訪れた帝国領土内の各所を偲ばせる建物や神殿、大浴場など、エジプト、ギリシャ、ローマ的諸要素をもった建物群が見事に調和して建てられていました。