女体盛り皿

いつか女体盛りを食してみたい。 舞城王太郎の『山ん中の獅見朋成雄』(講談社)を読んでから、さらにその思いは強くなるばかり。 でもなぁ、女体盛りって高そうじゃない