エストニア、小学1年生からプログラミングの授業実施へ|WIRED.jp

エストニアの公立学校で、初等<a href="/tag/education">教育</a>の1年目からアプリ開発を教えるカリキュラムがスタートする。同国で生まれたSkypeなどを夢みて、小学生たちがプログラミングを学べるようになる。