「シベリアのイエス」の理想郷:ロシアの小さなカルト教団はぼくらに何を語りかけるのか?|WIRED.jp

ロシアのはずれに「シベリアのイエス」と呼ばれる男ヴィサリオンが、2,000人の信者とともに静かに暮らしている。ソ連の崩壊とともに拡大してきたこの異端の共同体のどこか素朴で穏やかな暮らしは、21世紀の世界に、いったいどんな問いを投げかけ