インターネットは「客観性」を殺したか──ベンガジ報告書とメディアのバイアス|WIRED.jp

インターネットによって誰もが「自分の信じるストーリー」にアクセスできるようになったいま、人々が、事実と虚構、その間にあるグレーゾーンを区別することは一層難しくなっている。ある報告書をめぐる米国の左派系・右派系のメディアの報道から、ネット時代