高音の音楽を聴くと、食べ物を甘く感じる:研究結果|WIRED.jp

人間は、高い音の音楽を聴くと食べ物を甘く感じ、低音の音楽では苦みを多く感じるという。では、なぜ味覚と関係ない感覚が、食べ物の味に影響を与えるのか。その鍵を握る「多感覚知覚」についての研究が、いま各国で進められている。