VR、人種差別を解決する手段としての可能性|WIRED.jp

その名の通り、仮想的な世界を現実のように体感することのできる技術であるヴァーチャルリアリティ。この技術を使っていままではできなかった方法で他人に「共感」することを可能にし、レイシズムを撲滅しようとするプロジェクトが、米国で始まっている。