『ラ・ラ・ランド』は「野心的で、しかし白人に媚びたミュージカル」(『WIRED』UK版レヴュー)|WIRED.jp

本年度アカデミー賞にて最多となる14ノミネートを果たした映画『ラ・ラ・ランド』(監督デミアン・チャゼル)。ハリウッドを舞台とした注目のミュージカル作が、「残念」な理由とは? 『WIRED』UK版によるレヴュー。