SFは警鐘を鳴らしていた、「メイク・アメリカ・グレート・アゲイン」を叫ぶリーダーに|WIRED.jp

「アメリカをもう一度偉大にする」と叫んだ米国のリーダーは、約20年前にもフィクションの世界で登場していた。その作品を書いた黒人女性作家、故オクティヴィア・バトラーの先見性について、宗教や人種に対する考えについて、文学教授ジェリー・キャナヴァ