「ヒトとブタのキメラ」作製に成功、移植用臓器不足は解消するか|WIRED.jp

「ヒトとブタのキメラ」作製が成功した。同時期に「マウスとラット」という異種間移植による疾病治療も成功し、キメラを使った臓器移植が現実に近づいている。しかし、「ドナー動物が想定外の臓器をつくる問題」のほか、ヒトキメラについては倫理的課題も残る