アップルの「10億ドルファンド」は、米国の製造業を救うことになるか|WIRED.jp

アップルが、米国の「先進的な製造業」の雇用拡大のために10億ドルの基金を設立した。一見するとトランプ政権の圧力に対応した動きに見えるが、この基金は「新しいものづくり」を支え、トランプ政権にイノヴェイションを促すように舵をとらせる仕掛けとなる