たったひとりのことば──絶滅する言語と失われゆく「世界」 | WIRED.jp

自分の母語で誰とも会話ができなくなったとき、人はどうなってしまうのだろうか? インターネットというグローバルメディアの登場により言語の均一化が進むいま、少数言語に未来はあるのか。