「癌」という名のドラゴン──父はゲームをつくった。死にゆく息子のために | WIRED.jp

息子が幼くして癌に侵されていることを知ったライアン・グリーンは、彼の人生を1本のゲームに収めた。「That Dragon, Cancer」という名のその美しく切ないゲームによって、答えなき人生の「喪失」と向き合った、ある家族の物語。