「会社のために頑張るな。自分のことをやれ」田中泰延が考える30代の働き方 | WORK SWITCH

「30代はどう生きるべきか」をテーマにした短期集中連載、最後を飾るのは24年間務めた電通・関西支社から独立し“青年失業家”を自称するに至ったコピーライター田中泰延さんです。現在47歳の田中さんも30代の頃キャリアの岐路に立ち、「自分で自分のクライアントになる」ことを選択したとのこと。