終末のイゼッタ第2話『傷跡と、銃声と』感想 | あにめあん

終末のイゼッタ第2話『傷跡と、銃声と』の感想です。 第2話も期待以上で、TVアニメなのに映画を見ているかのようでした。 イゼッタは、第二次世界大戦レベルの兵器に、どのような魔法で対するのかという点にも興味があったのですが、第2話でその一端が見られました。 雪原に自分の血を垂らし、 「おいで」 と一言呼びかけ…