アロンソ、10番手も「たっぷり走れたことが何より重要」。ノートラブルのマクラーレン・ホンダF1に安堵

 スペインのカタルニア・サーキットで行われた第1回F1合同テスト3日目、マクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソがステアリングを握り、大きなトラブルに見舞われることなく72周を走った。  今年初のテストでホンダのパワーユニットにトラブルが相次ぎ、初日のアロンソは29周、2日目のストフェル・バンドーンは40…