マクラーレンF1、有意義なテスト最終日に。「さまざまなコンディションでMCL32の長所と短所を洗い出した」

 バルセロナで行われた第1回F1合同テスト4日目最終日、マクラーレン・ホンダのストフェル・バンドーンが走行、67周を走りこんだ。レーシングディレクターのエリック・ブーリエは、さまざまな作業に取り組むことができ、マシンへの理解を深めることができたと語っている。  最初の2日間はパワーユニットのトラブルの影響…