首相にはしご外された経団連 残業上限規制の舞台裏:朝日新聞デジタル

 労使の意見が鋭く対立してきた残業時間の上限規制をめぐる労使協議。最大の焦点だった「きわめて忙しい1カ月」の上限は、安倍晋三首相の「裁定」により、連合が主張する「100時間未満」という表現で決着する見…