日航、破綻で訓練中止の影響解消 地上勤務のパイロット、順次空へ

 2010年1月に経営破綻した日航で、パイロット候補生として入社したのに、訓練を受けないまま地上勤務を余儀なくされた約100人が、再開された訓練を終え次第、国内線の副操縦士として順次デビューすることになった。初日の27日、第1号となった先崎辰彦さん(34)は羽田発…