『オデッセイ』の白人化を人権団体が批判 - シネマトゥデイ

マット・デイモン、ジェシカ・チャステイン主演の映画『オデッセイ』が原作と異なり、白人化されて映像化されたことをアジア系アメリカ人の地位向上と正しい理解を促進する団体「Media Action Network for Asian-American(MANAA)」が批判している。