言葉を忘れるほどの孤独が生んだ、haruka nakamuraの音楽

高校をやめて上京、Nujabesとの別れを乗り越え、希望を見つけた音楽家の物語