天候要因が影響してか現状下落、先行き下落。人手不足やコスト上昇への懸念継続…2018年1月景気ウォッチャー調査は現状上昇・先行き上昇 : ガベージニュース

内閣府は2018年2月8日付で2018年1月時点となる景気動向の調査「景気ウォッチャー調査」の結果を発表した。その内容によれば現状判断DIは先回月比で下落し49.9を計上し、基準値の50.0を割り込む形となった。先行き判断DIは先回月比で下落して52.4となったが、基準値の50超えは