「恋愛工学」への期待と懸念。まずモテることから始めよう!<この新刊がすごい!!>二村ヒトシ - 幻冬舎plus

この本を読了後すぐ、僕は思わず拙著『すべてはモテるためである』(文庫ぎんが堂)を慌てて読み返してしまった。本書が明確に非モテ男性を救うための具体的な方法論を教え諭しているのに対して、僕の本には誰かを何とかしようという使命感がまったくないことに気づき、自分の父性のなさを省みてしまったのだ。