偽薬とわかっていても、プラシーボ効果を得られることが証明される

プラシーボ効果は、人の思い込みを利用してだますことによって機能すると考えられていましたが、偽薬と伝えられて服用してもその効果が認められたのです。それは、医者と患者という関係で薬を服用するなどの、医療的な行動様式に体が反応してしまうことが要因ではないかと考えられています。