生れて来た以上は、生きねばならぬ 夏目 漱石(著/文) - 新潮社

智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。兎角に人の世は住みにくい――。世間と自身の生き方との大きな隔たりに苦しんだ漱石。彼の残した言葉には、類稀な経験に育まれた深い… - 引用:版元ドットコム