安倍晋三首相「憲法96条は改正すべき」再び意欲を表明

安倍晋三首相は憲法96条について「たった3分の1の国会議員が反対することで、国民投票で議論する機会を奪っている。(改正の)必要性を訴えていきたい」と述べ、一時トーンダウンしていた憲法96条の改正に再び意欲を示した。