宮崎駿さん、安倍首相を批判 「歴史に名を残したいのだろうが、愚劣だ」

映画監督の宮崎駿さんは7月13日、安倍首相の政治姿勢について「『憲法の解釈を変えた偉大な男』として歴史に名を残したいと思っているのでしょうが、愚劣なことだ」と厳しく批判した。 この会見は、都内のスタジオジブリで日本外国特派員協会が会員限定で開催した。アメリカ軍の辺野古基地を沖縄県名護市に建設することに…