ロヒンギャの男性「何のために生きているのか、考えてしまう」 館林の難民家族を追う【ルポ】

自宅で話をするロヒンギャ難民のアブル・カラムさん=群馬県館林市 ミャンマー西部ラカイン州に多く住むイスラム系少数民族ロヒンギャは、仏教徒が大多数の同国で「不法移民」として扱われ、国籍も与えられないなど迫害を受けている。ロヒンギャが国際的な問題になっているなか、日本に暮らすあるロヒンギャ難民の家族を訪…