マリア・シャラポワ、ドーピング違反で2年間の資格停止処分 本人は何と言った?

国際テニス連盟(ITF)は6月8日朝、4大大会通算5勝のマリア・シャラポワ選手(29)に対し、禁止薬物摂取の疑いにより2年間の資格停止処分とすることを発表した。 このITFの処分を受けて、シャラポワは自身のFacebookに長文の声明を掲載し、「不当に厳しすぎる」処分に対する自身の言い分を詳細に記し、ITFの資格停止処分に対し…