妊娠中の女子高生に、持久走の実技を要求 京都の朱雀高校、休学勧めていた

京都府立朱雀高校(京都市中京区)が2015年11月、妊娠中の3年生の女子生徒(18)に休学を勧め、卒業するには補修として体育の実技をすることを求めていたことが6月15日、分かった。共同通信などが報じた。 同校によると、2015年8月頃、女子生徒の妊娠が発覚し、高校側は11月頃に出産準備のために休学するよう勧めた。妊娠5…