同性愛を暴露され転落死 望まない"アウティング"に「想像力の欠如」の声も

同性愛者であることを同級生に暴露された後、心身に不調を来して、建物から転落死した一橋大法科大学院生の男性(当時25)の両親が、大学と同級生に計300万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした。8月5日に第1回口頭弁論があり、同級生と大学側は請求棄却を求め、争う姿勢を示した。NHKなどが報じた。 訴状による…