「税金を投入したのにメダルが取れなかったという議論は恐ろしい」 為末大氏が訴える

2001年、05年の世界陸上男子400m障害の銅メダリスト、為末大氏(38)が8月15日、自身のTwitterで「税金を投入したのにメダルが取れなかったという議論は恐ろしい」と訴えた。 新国立競技場の検証委員会の初会合に臨む元陸上選手の為末大氏=2015年8月7日、東京・霞が関 為末氏は「税金が使われていない人間などいないわけ…