【ミャンマー】夜中に大音量でお経→観光客がスピーカーのコードを抜く→懲役3カ月

ミャンマー中部の都市マンダレー市内のホテルで、夜中に近くの寺院で僧侶が読経しているのがスピーカーから大音量で流れていたため、オランダからの観光客が腹を立ててスピーカーのコードを引き抜いたところ、宗教活動妨害の罪で懲役3カ月の有罪判決を受けた。 AP通信によると、クラース・ホイテマ被告はほかにも現地の文…