村上春樹氏に「今年こそノーベル文学賞を」 ゆかりの地でファンを迎える思いは

2016年は村上春樹氏が「ノーベル文学賞の登竜門」とされるフランツ・カフカ賞を受賞してから10年となる節目。ファンの間では「今年こそ」と期待が高まっている。 作家・村上春樹氏が『風の歌を聴け』で文壇にデビューしたのは、1979年のことだった。当時の村上氏は、東京・千駄ヶ谷駅近くで「ピーター・キャット」というジ…