ロシア軍、北方領土に最新ミサイル配備 北海道の道東全域を射程内に

北方領土の国後島と択捉島で、ロシア軍が最新鋭のミサイルシステムを配備したと、11月22日にインタファクス通信が伝えた。 北方領土の周辺図 時事ドットコムによると、配備されたのは地対艦ミサイル「バル」(射程130キロ)と「バスチオン」(射程300キロ)。これらの最新鋭ミサイルが北方領土に配備されたのは初めてとみ…