植民地時代の北朝鮮 貧しくとも笑顔あふれる日常の数々【画像集】

1930~40年代の朝鮮半島北部で、冠婚葬祭や農業、子供たちの日常などをとらえた写真集がこのほど韓国で発売された。 ハンギョレによると、日本の植民地支配下にあった1922~44年に、平壌や南浦、義州など朝鮮半島北部で宣教や教育、住民への奉仕活動などをしていたアメリカの宣教会「メリノール外方宣教会」所属の神父たち…