高橋まつりさんの死から1年 全文掲載から見える記者たちの思い

まつりの命日を迎えました。この言葉で続く文章は、ぜひ読んで欲しい。去年の12月25日、クリスマス・イルミネーションできらきらしている東京の街を走って、警察署へ向かいました。嘘(うそ)であってほしいと思いながら......。前日までは大好きな娘が暮らしている、大好きな東京でした。あの日から私の時は止まり、…