社長が代わっても「隠す文化」から抜け出せない東芝

原子力事業で更なる巨額の減損の見通しが明らかになったことで、東芝の再建は極めて厳しい状況に追い込まれることとなった。