がん治療と仕事の両立に、「信頼貯蓄」という考えも必要ではないか?

若くして病気になった私に、何かできることがあるんではないか。いや、何かを成すために、この病気になったんではないか。